« モミジが紅かった。 | トップページ | らくがき講座。 »

海を見に秋田まで。

 男鹿まで行ってました。秋田県の男鹿半島。あの「なまはげ」の男鹿ね。
 行きの秋田道はガスがかかってて見通しが悪かったんだけど、山を越えたらスカッと青空が広がって気持ち良いのなんの。

 そんなわけでドライブしてきましたよ。いやね、もう、海が見えた瞬間におもいっきりテンション上がっちゃったりして。9ヶ月ぶりの海だったもので、もうなんというか、独りではしゃいでる自分がいましたよ。傍目から見たら恥ずかしいけど、独りだからオーライ。
 時間的に「なまはげ」関係は今回はパス。と言うか前にじっくり見て写真集まで買っちゃったものだから、まぁ良いかってな具合で。でもそのうちまた見に行くつもりではあるので。

 てなわけで、入道崎にてしばらくボケーッと海を眺めてましたよ。写真も撮ったけど自分でなんでこんなの撮ったのかわからない状況で全滅だったので無かったことにしました。芝生に座ってボケーッとできたからいいや。

Pb120123

 前に行ったときは風が強くて寒くてどーしようもなかったんだけど、今日は風も穏やかで真っ青に晴れていて、ほんとに気持ちよかったー。
 観光客が居なけりゃ寝てたな。うん、寝てた。

Pb120133

 でまぁ、ただ単に海を見に来たってわけでもないので、とりあえずお弁当食べてから目的地へ。
 その道中で狛犬を発見したのでちょっと寄り道。

 えーと・・・ここは秋田県男鹿市戸賀塩浜の白神不動尊。小さいところなので見落としがちだけど、道のすぐ横にあって「菅江真澄の道」の一つなんだそうだ。

 それがなにかはまったく知らない。
 でもってその狛犬。

Pb120154

Pb120164

 奉納は大正六年・・・十月かな。そこそこ古くて作りの良い狛犬。顔もなかなかイケメン。
 これは良いなーって撮りまくろうとふと台座の横を見ると。おや?

Pb120170

Pb120165

 小っちゃいの発見!たぶんこっちの方が古いっぽい。表面はかなり削れて表情がわからない状態だけど、大きな奴の同じ顔っぽいなと。
 造りとしてはそれほど古くもないかなとも思わなくはないが、うーんどうだろ、明治かそこら辺かな。この不動尊はけっこう古いらしい(その菅江真澄がここのことを書いたのが文化七年だとかなんとか)ので、江戸時代・・・わからんな。ちょっとわからん。台座が無かったので奉納日とかは皆無だった。

 狛犬ともお別れして目的地。男鹿水族館GAOです。えぇ、魚を見たかったので。

Pb120173

 館内で適当に撮影。でもって家帰ってきて撃沈。ISO200に固定してたの忘れてて、暗いところはダメだった。とほほ。
 それでもなんとか見せられそうな物をペタリと・・・。

Pb120177

Pb120179

Pb120183

Pb120193

 あ、豪太くんいました。元気でした。

Pb120199

 あとはペンギンとクラゲ見て終了~。

Pb120205

Pb120208

 感想は「リア充爆発しろ!」です。おじさん独りで行くところじゃないな・・・。

 帰りは男鹿半島を残り半分を海を眺めながらぐるーっと。

Pb120236

 そんで秋田道にのってダラダラ運転して家に着いたのは午後5時頃。家出たのが午前8時半だから、やっぱ遠いわ。
 走行距離は449.6kmだそうだ。やっぱ気合い入れていかないとつらいわなー。

|

« モミジが紅かった。 | トップページ | らくがき講座。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モミジが紅かった。 | トップページ | らくがき講座。 »