« アキラメマシタアナタノコトハ。 | トップページ | 神社の裏にあったんだけど。 »

良い顔してるよなぁ。

 とにかく一番近い道をとひた走った。だーっと走って着いたのは、ここ最近通い詰めている一関市。そろそろ慣れてきたわ。わはは。
 天気が良かったのでドライブにも良い感じで、気分良く走れたのよね。いつの間にか着いちゃったなぁ・・・ってくらいに。

 てなわけで、今日の最初の目的地は、一関市萩荘の八幡神社。

Pa044049

 境内に入るとすぐに目に付くこの狛犬達。

Pa044056

Pa044066

 いやぁ、もう!良い顔すぎ!!!
 一目見て「あぁこいつ、衣川にいた奴と同系統だ」と。駒形神社の狛犬ね。あそこまで綺麗ではないんだけど、造りがよく似ている。
 しかしまぁ、なんて歯並びの綺麗な狛犬なんだ。虫歯は見あたらなかったです。えぇ。
 奉納日等は文字が彫られていなかったのでわからないが、横にある石灯籠には嘉永5年(1852)8月15日と彫られていた。風化具合とかが同じなので、たぶんこの狛犬も同時期だろうと思われる。古い古い。

 で、この狛犬達を撮影してる時、ふと横を見ると別の社の前にも狛犬・・・狛犬・・・狛犬かなぁ。1対じゃなくて1体なのよね。
 しかも、ちょっくら狛犬とは違う事になっている。

Pa044094

 これ、手水石だわね。なんで狛犬の形をしているのか知らんけど。
 不思議だなと思いながらもまじまじと見てみると、水をためる部分がどうやらあとから彫られたような感じだ。狛犬の装飾部分が窪み部分に沿うように、綺麗に削り取られているのがわかる。
 はて、と言うことはアレかな。もともとは狛犬だったものが、何らかの理由で手水石として再利用された。対になっているはずのもう一体の狛犬が壊れた、とか、無くなってしまったから、とか、そんな事なのかしらね。
 いずれにしても、こっちの方が表にある狛犬よりも古そうだ。うむむ。
 ちなみにこっちのも奉納日ははっきりとはわからず。もし、この神社にあるものの中で古いのと同じ辺りだとすると、かなり古いことになるけど。
 それは明和3年(1766)と記されている。さて、どうだろうね。

 八幡神社を後にして、次の場所に行くには一端市内に出なければならないなと思いつつも、天気も良いしせっかくここまで来たのだからと、ちょっと遠回りのコースを取る。
 そしたら途中に鳥居を発見したので、横目で見てたら狛犬が。あれ、しかも良い感じのが。
 そう言うことで、ここは一関市萩荘の三島神社。

Pa044161

 下調べしていた際に「・・・なんか居そうな気がする」とは思っていたのだけど、そのうちって事にしていた場所だった。いやぁ、よれって事なのね。はいはい!

Pa044167

Pa044176

 良いのがいるわ。いやまいったね。この狛犬、阿吽がまったく違うポーズをしている。なもんだから、別々に作ったのかなと思ったのだが、じっくり見てみると顔も装飾も同じ人が手にしたものだとわかる。
 日本人は左右非対称を好むとは言え、ここまで別にすることはなかったのでは・・・。なんて考えたが、これはこれでありだよなぁ。
 ここの狛犬も奉納日は彫られていなかったので、風化具合とかが似たようなものを探してみる。ちょっと離れた場所の石灯籠がそれに当たるのだが、そこに刻まれていたのは明和4年(1767)5月5日。もしこの狛犬も同時期だとすると、これもまた古い古い。
 いやぁ、一関はほんと、狛犬の宝庫だわね。しかも良いのがかなり多い。あっぱれだ。あっぱれ!

 いい加減良い時間になったので、目的の場所に向かいつつも、途中で鳥居を発見したのでそこに寄ったが、不発。その後、適当な場所で弁当を食べて少し休んでたら、時間切れとなりました。帰らなきゃ。やっぱ遠い場所での探索は辛いなぁ・・・。あの場所はまた今度にしようと、そのままダーッと帰り道。

 狛犬の他にもおもしろものがあったので、それはまた後から別のエントリーで。
 やっぱ神社巡りは面白いなぁ・・・うむむむ。

|

« アキラメマシタアナタノコトハ。 | トップページ | 神社の裏にあったんだけど。 »

コメント

ずんぐりむっくりしていて
愛嬌あるお顔…。
またまた素晴らしい狛犬様を見付けましたね!
こちらではまず見かけることが無い形なので、
とても興味深く拝見させていただいてます。
こんな狛犬と出合いたいものです。

投稿: pin | 2009年10月 4日 (日) 21時40分

ここしばらくの狛犬探索でわかったのは、

・バリエーション豊かなこと
・ある程度グループ分けができること
・それは地域性があること

っての。
奥州~一関地区では花巻辺りでの狛犬のタイプは見ないものね。
逆もしかり。
なんか面白いですわ。( ̄ω ̄)

投稿: 沼ぼん | 2009年10月 4日 (日) 21時49分

「おいでませ。」
「いらっしゃい。」  と
聞こえたような気になる狛犬さんですね( ̄ー ̄)ニヤリ

沼ぼんさんも案外話してるのでは~
彫った人の人柄が滲み出ますなぁ

投稿: さゆた | 2009年10月 5日 (月) 04時47分

そうっすね。
「こんちわ~」
とか挨拶することはあるです(笑)

なんかそんな雰囲気ですよね。狛犬って。( ̄ω ̄)

投稿: 沼ぼん | 2009年10月 5日 (月) 05時40分

三島神社の阿形はころころ太ってかわいいし、
吽形はカエルっぽい感じでいいですね。

時間や天気の巡り合わせ、というのもある
わけですが、私が八幡神社に行った時は、
阿形が歯をむきだして「ニッ」っと笑ってる
感じで、かなり怖かった。足もミョ~に短いし
ちょっと変。

投稿: はにわb | 2009年10月 6日 (火) 00時05分

正面から見ると怖いっすよねー。( ̄ω ̄)わはは
なんでこんなに歯をきちんと作ったのだろうかなと。
思わず顔まねして「ニッ」って笑ってみたですよ(笑)

投稿: 沼ぼん | 2009年10月 6日 (火) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキラメマシタアナタノコトハ。 | トップページ | 神社の裏にあったんだけど。 »